デルタ航空の新しい機内安全ビデオとは

最近、海外の航空会社の機内安全ビデオが話題になっています。

ニュージーランド航空は映画ロードオブザリングのキャラクターなどが登場するビデオや、ヴァージン・アメリカ航空のミュージカル風ビデオなど、楽しめるものが多く登場しています。

アメリカのデルタ航空も機内安全ビデオを刷新しました。

デルタ航空では2012年後半から、機内安全ビデオにポップカルチャーのアイコンや、ゲスト出演などのサプライズ的な演出を盛り込み、乗客の注意をビデオに向けることにより安全に関するメッセージを効果的に伝えるためのビデオシリーズを展開してきました。

これまでのものは80年代をテーマにしたものや、クリスマスやお正月などホリデーシーズンをテーマにした特別編で、今回の新しいビデオはシリーズ3作目となります。

新しい機内安全ビデオに登場するのは、ネット上で人気となり社会現象にもなったインターネット・ミーム・スター(Internet meme star)と呼ばれる人物やキャラクターで、「鍵盤をたたく猫(Keyboard Cat)」、「ドラマチックなシマリス(Dramatic Chipmunk)」、「叫ぶヤギ(Screaming Goat)」、「エボリューション オブ ダンス(Evolution of Dance)」、「うるさいオレンジ(Annoying Orange)」、「べったりしすぎの彼女(Overly Attached Girlfriend )」など20組以上の人気キャラクターが登場するそうです。

これらのインターネット・ミーム・スターが登場するオリジナル動画の閲覧数は合計で20億ビューにものぼるほどの人気ぶりです。

デルタ航空の国際マーケティングコミュニケーション担当ダイレクター、マウルシオ・パリズ(Mauricio Parise)によると、「ネット上の人気キャラクターの起用は、機内安全に関する説明にお客様の注意を惹くための最新の手法です。

ネット上での人気はつかの間かもしれませんが、お客様と乗務員の安全を第一に考えるというデルタ航空の理念は普遍的なものです。」とのことで、ビデオが話題になることより安全が最優先であることを強調しています。

グーグルの旅行担当インダストリーディレクター、ステファニー・デイビス氏によれば、「ネット上のアイコンを起用したデルタ航空の新しい機内安全ビデオは、今月10周年を迎えるYouTubeへのオマージュとしてだけでなく、良質のビデオコンテンツを用いて世界中のお客様にメッセージを発信し、一緒に楽しんでもらう良い事例でもあります。」とのことで、デルタ航空を含めて機内安全ビデオが注目され、動画サイトが利用されることを歓迎しているようです。

デルタ航空の新しい機内安全ビデオは、YouTubeのデルタ航空公式サイト
www.deltasafetyvideo.comでも見ることができます。

デルタ航空に乗る予定がない方も楽しむことができますね。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る