国際線乗客数世界一のLCCとは

極端な賛否両論のある格安航空会社、ライアンエアー。

良くも悪くも格安航空会社LCCの代名詞ともいえる会社で、とにかく激安を旗印に、次々と新しいアイデアに打って出ています。価格面だけならば、他のLCCも含めてライアンエアーにかなうところはないといってもいいでしょう。

そのかわり、機内外のサービスを次々と廃止し、今では空港でのチェックインすらできなくなりました。現在はオンラインチェックインが必須で、それを忘れると高額の手数料を取られ、チェックインしていても印刷した搭乗券を持っていなければ、これもまた、手数料をとられます。

このライアンエアーは1985年に運航を開始したLCCで、拠点空港はダブリン空港と、ロンドン・スタンステッド空港です。アイルランドとロンドンを結ぶ航空会社としてスタートしましたが、今ではヨーロッパ最大のLCCとなり、国際線旅客数だけなら、2位のルフトハンザに大差を付けて世界一の航空会社になりました。

激安で有名なその価格は、ヨーロッパ内なら数千円が普通で、キャンペーン運賃の時などは数百円で移動できることもあります。極端な場合、0円ということもあります。ただし、さまざまな追加料金がかかるので、値段はよく確かめた上で、利用する必要があります。

また、確認事項の多い会社なので、英語が全くできない人などは特に注意が必要かもしれません。

各サービスや手数料を個別に見てみると、例えば、予約管理手数料というものが、航空券を購入する時点で全ての人にかかります。

機内サービスは原則有料で、機内販売はソフトドリンクが約200円、水・コーヒー・紅茶が約300円、ビールが約450円、お菓子類が約100円~200円、サンドイッチが約300円という感じです。

また、優先搭乗は、他の乗客よりも先に搭乗できるサービスで、機内が自由席なので通路側だったり、窓際を確保したいのであれば必須となります。

手荷物に関しては細かい規定があり、普通に荷物を預けると2000円程かかります。予約しておけばそれほどの負担ではありませんが、当日、重量をオーバーすると、1kgにつき20ユーロの追加料金を取られます。

これらの追加料金は、最近上昇傾向にあり、特に、空港での当日料金の価格は驚くほどで、ハイシーズンに空港で荷物を預けると1万円以上になることもあります。空港で追加料金が発生しないように、荷物はあらかじめ予約し、重量は余裕を持って搭乗したほうがいいかもしれません。

また、ライアンエアーは、立ち席や機内トイレ有料など、ユニークなプランを立ち上げることでも有名ですが、アイデアだけで実現していないものも数多くあります。しかし、そうしたネタには事欠かない会社で、話の種に乗ってみたい、という変わった需要まで生み出しました。

予約はホームページで行うことができますが、予約の途中で旅行保険を勧められたり、スーツケースを買わせようとしたりと、日本の予約サイトでは考えられない仕様になっています。

さらに、ライアンエアーに乗ったことがある人なら知っていると思いますが、座席にはリクライニングも、手前に出す備え付けのテーブルもありません。初めて乗った時は驚くかもしないのですが、こんな設備がないからこそ、よく聞く着陸前の「テーブルやシートをお戻し下さい」というアナウンスも当然ありません。

一番不便だと思われるのが、空港が遠いということです。

空港税を低く抑えるために、小さな町のアクセスの悪い空港に就航しているケースが多いので、主要な場所までの交通費は計算に入れておかなければなりません。

また、ほかのLCCと同様、飛行機の遅延も多いので、時間を十分に見積る必要があります。色々と大変そうな印象のある航空会社ですが、慣れてしまえば、細かなルールも気にならなくなるでしょう。

ライアンエアーは、良くも悪くも話題豊富な航空会社です。事前に評判を調べてきたものの、乗ってみると普通なことも多いようです。そのため、絶賛のコメントもあれば、二度と乗りたくない、という人もいて、評価は両極端です。

たとえば、ライアンエアーに対し、「スタッフを働かせすぎ」「最低限の法律しか守らない」というような批判もあります。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る