日本就航3番目の韓国LCC イースター航空 先発組にも負けないサービスが自慢

イースター航空は2007年に設立された比較的新しいLCCです。2011年にはチェジュ航空、エアプサン航空に次いで日本での就航を果たしました。日本に現在就航している路線は、デイリー便が成田-ソウル(仁川)線、関西-/ソウル(仁川)便、チャーター便が、札幌(千歳)-ソウル(仁川)線、高知/ソウル(仁川)線です。

使用機はボーイング737「NGシリーズ」の中の、737-700です。座席は全てエコノミークラスで、149席です。機内の装飾に特徴があり、満天の星などを描いた個性的なインテリアが目を楽しませます。

低価格だけでなく、楽しい旅行をプレゼントするのが当社のモットーとのことですが、それがこうした機内インテリアにも表れています。他にも、プレゼントをもらえるゲームのように、社員がアイデアを絞った楽しい機内イベントもあります。機内サービスは、他のLCCと同様、機内食やブランケットなどは有料です。ただし、ジュースや飲料水は無料で提供されます。国際線では大韓航空からの商品の提供を受け、機内で免税品が販売されています。

イースター航空の運賃は、年末年始を除いて常時お得感のある設定になっています。2011年11月~2012年1月の例ですと、成田-ソウルが片道8,000~9,500円でした。成田発着のスケジュールは、毎日11時50分成田発、14時35分ソウル着、復路は8時40分ソウル発、11時成田着で、関西発着は、11時55分関西発、14時15分ソウル着と17時40分関西発、19時40分ソウル着の2便、復路は9時40分ソウル発、11時10分関西着と15時ソウル発、16時50分関西着の2便が毎日運航されています。

設立:2007年
日本就航:2011年5月
運航拠点:韓国・ソウル
就航路線:成田/ソウル(仁川)、関西/ソウル(仁川)
使用機材:ボーイング737-700
ホームページ:http://www.eastarjet.net/

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る