成田空港を拠点とするANA系LCC バニラ・エア(旧エアアジア・ジャパン)

エアアジア・ジャパンは、ANAとエアアジアの共同出資によって2011年に設立されたLCCです。出資率はANAが67%、エアアジアが33%です。エアアジアとは、マレーシアを拠点とするアジア最大のLCCです。エアアジア・ジャパンは、ANAにとっては前述のピーチに続く2社目のLCCといういことになります。ただし、2013年6月にエアアジアとの提携は解消され、ANAの完全子会社となりました。そして2013年11月には名称を「バニラ・エア」と改め、再出発しました。

ピーチが関空を拠点とするのに対して、エアアジア・ジャパンは成田空港を拠点として就航しました。使用する機材はピーチと同じ、エアバスA320です。

現在、バニラ・エア(旧エアアジア・ジャパン)が就航しているのは、成田-那覇と成田-台北です。運賃体系では、予約時間が出発時刻の40分前(国内線)と60分前(国際線)で、予約変更手数料、払い戻し手数料、割引サービス、座席指定料金の有無、預け手荷物の運賃が決められているのが特色。

また、それぞれに「コミコミバニラ」、「シンプルバニラ」、「わくわくバニラ」の運賃種別を設定しており、よりフレキシブルな利用が可能になっています。手荷物運賃は、20キロまで無料で、超過分は1キロ当たり数百円の手数料になっています。機内では、「バニラ・エア特製とろ~りクリームパン」(200円)などの軽食を販売しています。

設立:2011年
日本就航:2012年8月
運航拠点:成田空港
就航路線:成田/札幌(新千歳)、福岡、那覇。成田/ソウル、成田/
釜山(エアアジア・ジャパン)
成田/那覇、成田/台北 (現バニラ・エア)
使用機材:エアバスA320
ホームページ:http://www.vanilla-air.com/(バニラ・エア)

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る