航空機から地上への大容量データ通信が可能に?

近年、飛行中の航空機内でWiFiを利用したインターネット接続が可能になるなど、航空業界における通信システム分野の技術も目覚ましく進化しています。

また、個人的に使う通信システムだけでなく、災害発生時などは陸地からのアクセスが困難な地域でも、上空からであれば被害状況などを確認することができるため、航空機などから撮影し、データ共有を迅速に行えるシステムの開発が期待されています。

このような中、三菱電機とパスコは2015年7月、40GHz帯のミリ波を使って航空機から地上に大容量のデータを送信する航空機・地上間通信システムの実証実験に成功したと発表しました。

このシステムが実用化されると、災害発生時などに被害状況を迅速に把握することができ、早期に適切な救援活動を行うことが可能となります。

今回の実験では、航空機にミリ波データリンク装置を搭載し、高度600mと3,000mを時速200kmで飛行する航空機から、地上局に対して最大100Mビット/秒で伝送を行い、大容量通信の実用性を確認したとのことです。

同時に、想定される被災地撮影画像や小型ビデオカメラで撮影した映像を送信し、地上で確認しています。

併せて、航空機と地上局では、機械的に可動する部分がない2次元APAA(Active Phased Array Antenna)を用いて、可搬性や設置性なども検証しているそうです。

実証実験では、地上局装置に取り付けられたAPAAが上空のミリ波電波をサーチし、通信エリア内にミリ波を送信している航空機が進入してくると、すぐに捕捉して自動追尾するというシステムについての検証を行い、安定的に通信できることが確認されています。

通信エリアは、航空機の高度600mの時で半径600m、高度3,000mの時には半径3,000mの範囲となり、理論上の通信データ容量は高度600mの時に240Mバイト、高度3,000mの時には1,200Mバイトになるといいます。

今回の実験は、大阪府八尾市にある八尾空港の周辺上空および空港駐車場付近で行われたそうです。

現状では、航空機を用いた緊急撮影時などでもいったん安全な空港に着陸して映像データをコピーするなどの作業を必要としていますが、今回のシステムが実用化されれば、航空機等で撮影した大容量の映像もリアルタイムで地上に送信することが可能となってきます。

災害発生時などの状況把握のためにも、短時間で地上に送信できるシステムは一役買いそうです。

三菱電機とパスコでは、今回の成果を踏まえ、伝送速度の高速化や装置の小型化、気象条件や法環境への適合などに向けて更なる検討を行う予定としています。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る