韓国政府が仁川国際空港の強化に本気の取り組み

韓国の仁川国際空港といえば、日本のほとんどの地方空港から便が出ているため、地方在住者、特に北日本住民にとっては羽田まで飛んでから成田まで行って国際線に乗り換えるなどという無駄な移動をせずとも、乗り換えが便利な空港だとして、日本から海外、海外から日本へのハブ空港としての地位を誇っていました。

ところが、羽田空港が再国際化された後は、羽田からの国際線への乗り換え需要が増え、逆に仁川国際空港の需要は減っていきました。それに加え、東アジア全体で見ると北京首都国際空港という巨大空港の出現、さらに東南アジアまで範囲を広げると、シンガポール・チャンギ国際空港という世界的にも評価が高い空港などに客をうばわれ、一時期ほどの勢いをなくしていました。

そうした状況を鑑み、韓国の国土交通部はアジア各国はもちろんのこと、東欧やアフリカなどとも路線を結び、日本からの需要に頼らない需要創出を行う計画を立てました。

国土交通部は、路線の増加や空港機能の利便性を高め、着陸料を減額するなどという施策の他に、韓国各地への乗り継ぎツアーなど、本来民間の旅行会社に任せるようなことまで行って、仁川国際空港の成長を促そうとしています。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る