空弁ブレイクの秘密と裏事情とはいったい何?

空港には「空弁」と呼ばれるお弁当が売られています。羽田空港にある空弁専門店「空弁工房」がオープンし、それぞれの空港のご当地グルメが入っている独特な空弁を売ることに一生懸命です。

最近では、人気商品がどんどん出てきています。空弁が流行するようになったきっかけは、「みち子がお届けする若狭の浜焼き鯖寿司」や、中部国際空港の「みそかつサンド」、新千歳空港の「石狩鮨」、鹿児島空港の「かごしま黒豚角煮弁当」など各地の食材が人気。

空弁が流行っている理由は味だけではありません。お弁当の大きさが狭飛行機の機内のシートサイズにピッタリであることや、匂いが漏れないことを考慮しています。値段は600円から1000円とお手頃価格で買えるところも人気の秘密かもしれません。

もともと航空機には機内食がついていたと思いますが、今となっては空弁は旅行をするときの楽しみであり、旅行客の満足度は高いようです。

空弁が出るまでついていた国内線の機内食は、経済的に廃止され、その代わりに弁当が買われるようになったということなのです。

空弁の人気は、航空券がネットでも買えるということにもかかわっています。それにより、空港にいる時間が短縮され、空港内の飲食店で食事をすることもなくなりました。時間がかからずにさっと食べられる、お弁当を機内に持ち込む人が増えてきました。

流行していると聞き、値段のお手ごろさや、おいしいという情報が入ってくれば、食べたいと思う人がいると思います。

近頃は、「空弁めぐり」をするために旅行するという人もいるくらいで、空港で人気のお弁当を買って、機内に持ち込む人が増えていると聞きます。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る