到着空港で荷物を早く受け取ることは可能なの?

飛行機が目的地へ着き、気持ちが逸る中で手荷物がベルトコンベアに流れてくるのを待つ時間はとても長く感じますよね。荷物を取りやすいようにコンベアもゆっくりまわっていますので、最初の荷物と後の方ではずいぶんな時間の差が発生してしまいます。

あまりに出てくるのが遅くなると、無くなったのではないかと不安になってしまうこともあります。

では、預けた手荷物を早く流してもらう方法はあるのでしょうか?

国内線でも国際線でも、まず一番先に出てくるのは“PRIORITY”などのタグが付いている手荷物。

大手をはじめ多くのエアラインでマイレージプログラムがあり、そのエリート会員であったり、ファーストクラスやビジネスクラスの乗客の荷物にはこのタグが付けられ、優先的に早く流れてくる仕組みになっています。

では、上級会員ではない乗客がエコノミークラスに乗る場合でも早く荷物が出てくるような秘策がなにかあるのでしょうか?

早い時間にチェックインすれば早く出てくるのか、ギリギリにチェックインすれば手荷物を貨物室に入れるときに最後の方に搭載することになるので、自ずと一番初めに出てくるのかなど、何か法則性があるのではないかと思いますが、飛行機に運ぶまでに手荷物専用のコンテナやカートに積みつけられるため、貨物室内での配置が変わってしまい、結局はいつ出てくるか分からなくなるといいます。

規模の小さなローカル空港なら、早く流してもらえる可能性もあるのではないかと期待をしますが・・・。

ゲートから手荷物受取所までダイレクトにベルトコンベアでつながっているような小さな空港であれば、一番最後に預けた人の荷物が一番先に出てくる可能性も高くなってくることはあるようです。

ただし、このような空港は数少ないので、大体のケースでは順番は読めないということになるでしょう。

結論としては、エコノミークラスに搭乗する一般会員が早く荷物を出してもらう裏技はないようです。地道に搭乗を重ねてエリート会員となり、優遇サービスのひとつとして受けるというのが確実な方法でしょう。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る