成田空港のくつろぎの空間「NARITA SKY LOUNGE 和」で最新最高級便器の体験を・・・

成田空港の第2旅客ターミナルには、かつてサテライトと連絡する「シャトルシステム」がありました。

外見は電車ですが実は水平移動エレベーターだったシャトルシステムは、到着まで待たされる上に満員電車状態になるために不評であり、2013年にシャトルシステムの移動ルートの両脇に連絡通路が作られて廃止されました。

その「跡地」はこれまで「くつろぎ空間」として利用されるべく工事が進められていましたが、2015年4月24日、新たに「NARITA SKY LOUNGE 和」という名称で運用が開始、いくつかの店舗の他にイベントスペースやキッズパーク、PCデスクなども設置され、搭乗前や到着後に一息つける場所となっています。

「NARITA SKY LOUNGE 和」には、カフェバーやリラクゼーションショップ、和菓子店などが出店されますが、その中で異色の存在がイベントスペースに隣接して設けられた「GALLERY TOTO」

これは、トイレメーカーのTOTOが「日本のトイレ文化と技術力を発信する」という目的で設置されたもので、特に訪日外国人に向けてのアピールが主眼となっています。

「GALLERY TOTO」はもちろんトイレが展示されているだけではなく、実際に使用できるようになっており、外国人からの評価が高いウォシュレットの実体験ができます。

ラウンジの一角に、白色を基調としたまるでホテルのようなおしゃれスポットがあり、そこは個室トイレとなっています。トイレという空間にしては内部が非常に広く、日本の最新最高級便器が設置されています。

TOTO広報によると、その日本の最新最高級便器の値段は約38万円(税抜き)とのこと。

空港で日本の最新最高級便器の体験をしてみるのも面白いのではないでしょうか。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る