アジアの空港から市内までタクシー料金が一番高いのは当然あの国

世界最大のオンラインホテル予約サイト「ホテルズドットコム」は、毎年タクシー調査というものを行っています。その中で世界の主要空港から、都市中心部へのタクシー料金が調べられました。アジア主要都市の安さ順ランキングは以下の通り。

1位:タイ スワンナプーム国際空港-バンコク 距離27km 料金約980円

2位:中国 北京首都国際空港-北京 距離30km 料金約1,780円

3位:シンガポール シンガポール・チャンギ国際空港-シンガポール 距離18km 料金約2,020円

4位:台湾 台湾桃園国際空港-台北 距離47km 料金約3,560円

5位:香港 香港国際空港-香港島 距離40km 料金約4,50円

6位:韓国 仁川国際空港-ソウル 距離48km 料金約4,650円

7位:日本 成田国際空港-東京 距離71km 料金約22,700円

ただしこの調査はなぜか、台湾は松山空港、日本は羽田空港からの料金は調査されていません。松山空港は台北市内にあるのでおそらくタクシーで台北駅まで行っても1位と変わらないかそれより安いはず。

日本の場合も、羽田から都心のどこに向かうか違いはあるにせよ、仮に新宿までとしてもこれよりいくらか順位は上がるでしょう。

ちなみにタイのスワンナプーム国際空港からのタクシーについては、ぼったくられたり意図的に遠回りされたなどの悪評があります。

北京の場合は、目的地途中で故障したふりをしてわざと止まり、仲間のタクシーに乗り換えさせて余計に料金を支払うはめになることもあり、また時間によってはメーターではなく交渉次第でふっかけられることもあります。

そもそも桃園を除いた全ての空港から市内までの鉄道が出ているので、時間的な制約などがない限りは鉄道に乗ったほうが確実で安価でしょう。桃園は空港から新幹線駅までのバスが出ており、また現在台北市内と結ぶMRT路線を建設中です。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る