チャンギ国際空港がサポートする「GAIN」とは

シンガポール・チャンギ国際空港は、世界で最も評価の高い空港の一つです。

これまで「エアライン・オブ・ザ・イヤー」で、3度、世界一の空港に選ばれましたし、数百回におよぶ受賞暦を誇っています。

そのチャンギ国際空港が、2014年6月12日、インセンティブ・プログラム「GAIN」を1年間実施すると発表しました。

GAINとは、Growthand Assistance Incentive。

チャンギ国際空港が、各航空会社をサポートし、コスト削減やオペレーションの効率化に協力するものです。1億シンガポールドルをかけた、大規模なプロジェクトとなります。チャンギ国際空港のハブ空港としてのステータスを確立・強化すると同時に、シンガポールをメインのゲートウェイとして定着させることが目的です。

たとえば、チャンギ国際空港を利用する航空会社はすべて、2014年7月1日から2015年6月30日まで、駐機費用の50%、搭乗橋使用料の15%が払い戻しされます。航空交通量を増加させた航空会社には報奨パッケージが与えられ、オペレーションの効率化を図る航空会社には、チャンギ国際空港が経済的なサポートを行います。

チャンギ国際空港は、リーマンショックの2008年以降、むしろ航空交通量を大きく伸ばしてきました。

ですがその後、シンガポールドルが値上がりしたり、タイの政治的不安定などが影響し、2014年に入ってからは、航空交通量が減少してきました。

このところの航空券の販売激化によって、客数は増加しているにも関わらず、航空会社の利益は減少しています。そこで、チャンギ国際空港が同空港における航空会社負担の削減を始めたのです。

「GAIN」は各航空会社にとって、コスト面をサポートするだけのものではありません。これをきっかけに、空港と航空会社が、共に新しいアイディアを出し合い、次の段階へ成長するための良い機会になるとチャンギ国際空港はアピールしています。

今回の「GAIN」プログラムの結果がよければ、次年度以降も、同じプログラムが継続して行われる可能性もあるそうです。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る