2019年に中部国際空港にLCCターミナルが開業予定

台北で知り合った名古屋に住むというある男性。

私が成田からバニラに乗って来たというのを知ると、中部国際空港からは台北便のLCCが出ていないので羨ましいと言われ、名古屋の人には申し訳ないけれど特に名古屋の航空事情には興味がないので「フーン」としか思いませんでした。

そこで、帰国後調べてみたところ、中部国際空港から台北便を飛ばしているLCCも無い訳ではなさそう。

ジェットスターやタイガーエア台湾が飛ばしています。

しかし、深夜便ばかりでとても不便。

国内LCCのピーチやバニラはそもそも中部国際空港に就航すらしていない。そりゃ成田を使える関東民が羨ましいって話になるわけです。

どうしてそんなLCC過疎地みたいなことになっていたかといえば、どうやらLCC用のターミナルが無かったからのよう。那覇空港にすら倉庫に毛が生えたというか、実際倉庫を改装しただけのLCCターミナルがあるというのに・・・。

さて、、そんな中部国際空港ですが、2017年3月31日、新たにLCCターミナルを建設する計画を発表しました。

計画では、新しくLCCターミナルが建てられるのは、現在のターミナルビルの南側にあるスペースになる模様。今年度内に着工し、2019年には供用を始めるとしています。

いわゆるLCC専用ターミナルは、私は成田と那覇しか知らないのですが、両者ともそれまで倉庫に使ってたような辺鄙なところに作られています。

成田は第2ターミナルから歩いて10分以上はかかる上、その通路は雨が降ったら吹き込んでくる始末。

那覇の場合はシャトルバスに乗らなければ入ることもままならず、とにかく「LCCを使うような奴は粗末な扱いでいいんだよ」的な雰囲気を感じます。

ところが、中部国際空港のLCCターミナルは、メインターミナルのすぐ横で、鉄道駅からもそう遠くない。鉄道駅があるアクセスプラザまでは、動く歩道も整備されるそう。

さらに、今回の計画ではLCCターミナルだけが作られるわけではなく、隣にはそれに先んじてボーイングから寄贈されたボーイング787-8を展示する複合商業施設「FLIGHT OF DREAMS」が建設中。

空港の東側にある港横には「愛知県国際展示場」が建てられるなど、空港と港全体を活用して人を呼ぼうという意図が感じられます。

計画を見る限り、このLCCターミナル、かなり便利そう。

完成すればLCC各社の乗り入れも増えると思われ、むしろ関東民から見ても羨ましいということになるのではないでしょうか?

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る