関西空港へは、EV(電気自動車)でお出かけください

関西空港は、世界最高水準の環境性と安全性を備えた空港を目指しています。「スマート愛ランド構想」と命名したプロジェクトも発足させました。その一環として、2014年6月17日から空港内の駐車場にEV用急速充電器を設置し、24時間いつでも充電できるよう、設備を整えてあります。空港利用者が、電気自動車で安心して空港に来られるようにするためです。

第2ターミナルビルに併設された第5平面駐車場内に設置してあり、24時間の急速充電としては初の導入、空港内で6台目のEV用充電器なのです。

第2ターミナルは現在、LCCのピーチ・アビエーションが使用していて、電気自動車の充電器をきっかけに、利用が増えることを期待されています。

関西空港はこれまでに、5台のEV用充電器を設置してきました。展望ホール内駐車場に設置された1台は、2011年4月に運用を開始したものです。こちらは急速充電器で、利用時間は午前8時から午後10時までとなります。他にも、立体駐車場P1とP2に2台ずつ計4台。24時間対応の普通充電器です。こちらは2012年12月から運用を開始したものです。

登録は月額1000円ですが、駐車場での充電は無料です。

全国のEV急速充電器をネットワーク化した「チャデモチャージ」に登録すれば、誰でも利用できます。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る