安全に旅客機が飛ぶために空港で働く車たち

ト―イングカー、タラップ車(パッセンジャーステップ車)、マーシャリングカ―、貨物運搬車、給油車。これらは全て旅客機を安全に飛ばすために必要な車達です。一つずつどのような働きをしているのか説明していきましょう。

・ト―イングカー

旅客機を牽引する車で重量が50トン以上。タイヤが大人の背丈ほどあるけど、旅客機の下に入らなくてはいけないため車自体の高さは低くなっています。この車は旅客機をバックさせる時に使います。旅客機は自らバックすることが出来ないためト―イングカーで誘導路まで押し出してもらいます。このことをプッシュバックと言います。

プッシュバックの際はウォッチマンと呼ばれる監視員が一緒に歩いて安全を確認します。

・タラップ車(パッセンジャーステップ車)

後部に階段がある車です。機体のドア下に車を付け、搭乗口の高さに階段をつけます。この車があるおかげで乗客は駐機場から機内に搭乗することが出来ます。

・マーシャリングカ―

トラックの荷台部分に最大3メートル上昇するリフトが乗っている車です。リフトにはマーシャラーと言う着陸した飛行機を誘導する人を乗せています。マーシャラーを乗せたリフトはパイロットの見やすい位置まで上がり、駐機位置まで誘導していきます。

・貨物運搬車

貨物運搬車はコンテナドーリーとトーイングカーがあります。コンテナドーリーは乗客の荷物を乗せたコンテナを乗せるもののこと。ト―イングカーはコンテナドーリーを牽引するための車。これらの貨物運搬車のおかげで乗客の荷物は機内に積み込まれていきます。

・給油車

文字通り飛行機に給油するための車です。タンクローリーで給油する場合もありますが、ほとんどの空港が地下にあるパイプから燃料を補給するハイドラント式給油システムです。

ですから、給油車に燃料が積んであるわけではありません。給油車には燃料を吸い上げるための高圧力をかけるポンプ装置が付いているのです。

これらの車の働きで飛行機は飛ぶことが出来るのです。まさに縁の下の力持ち的存在と言えるでしょう。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る