最新のエアバスを見て、操縦して、クルーにも会えるイベントが開催

新関西国際空港で、エアバスを紹介するイベント、「夏の大エアバスフェア in Sky View」が開催されます。

期間は2014年7月1日から9月7日まで。

まず関空展望ホール「スカイビュー」で、エアバスのポスターの展示会が行われます。エアバスA380型機を関西に就航しているアシアナ航空(AAR/OZ)、シンガポール航空(SIA/SQ)、タイ国際航空(THA/TG)三社のポスターです。

空港で見送るときに撮影できるのとは一味違う、エアバスの魅力いっぱいの写真を、大型ポスターで楽しめます。

メインホール4階「スカイビューカフェ」では、エアバスの広報担当者がセミナーを開催します。

各回40人、無料で参加できます。

テーマは、エアバスが考える未来の旅客機像。世界のベストセラー機と言われるエアバスの未来を、セミナーでご紹介します。

メインホール3階「スカイミュージアム」では、A380のランディングシミュレーターを設置。1回200円と格安ですが、スクリーンは200インチ。A380を操縦する臨場感を体験できます。

設置期間は2014年8月1日から31日まで、午前11時から午後5時までとなります。

エアバスの操縦体験だけでなく、実際にエアバスを操縦している航空会社のクルーとの撮影会や、タイ国際航空に関連して、本場のタイ式マッサージを体験できるコーナーもあります。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る