韓国 釜山へ行くなら機内サービスが充実のエアプサンで

韓国系LCCで、母体は韓国の大手航空会社、アシアナ航空です。設立は2007年で、釜山を拠点に韓国の国内線から就航しました。日本就航は2010年3月の関西空港/釜山、福岡空港/釜山からです。2011年6月には成田/釜山が就航しました。

成田/釜山の就航当初の運賃は往復で9,900円でした。これはLCCならではの魅力的な価格です。ただし、週末は5,000円割り増しになりますので、平日に「ちょっと韓国へ」といった気軽な利用がお得なようです。この便は、成田-釜山を約2時間20分で結びます。

機内でのサービスはとても充実しており、利用者に好評です。日本線では、オレンジジュースや済州島の清浄岩盤水や日本の新聞が提供されますが、これは無料です。さらに、軽食やビールも無料で提供されるという、LCCにしては驚きのサービスです。さらに、当社自慢の香りの良いコーヒーや、便によってはホットミールも提供されます。長距離便だとビーフシチューも提供されるようです。アシアナ航空と言えば、ヒューマンサービスに定評がありますから、同社の路線を踏襲しているのかもしれません。いずれにしても嬉しいサービスです。こうした、LCCとはいえ質の高いサービスはエアプサンの人気の理由の一つです。

また、ソウルと釜山の移動がスムーズなことも、利便性を高めています。エアプサンの拠点である釜山からソウルまでは距離がありますが、エアプサンはその間を約1時間おきにシャトル便を運航させて、利用者がスムーズにソウルに移動できるようにしています。こうして韓国渡航の選択肢が広がるのも嬉しいことですね。

設立:2007年
日本就航:2010年3月
運航拠点:韓国・釜山
就航路線:関西/釜山、福岡/釜山、成田/釜山
使用機材:エアバスA321-200、ボーイング737-400
ホームページ:http://www.airbusan.com/

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る