早朝ホテル・早朝バスの組み合わせで「LCC早朝便」に乗れます!

格安航空会社、つまりLCC各社は成田空港の国内線で、次々と早朝便を就航しています。

たとえばジェットスター・ジャパンとバニラ・エア、春秋航空日本の3社が、午前6時台から出発しています。

航空会社としては、早朝から営業すれば1日当たりの便数が増えるので合理的。乗客としては目的地に早く着いて、時間が有効に使えます。早朝便は良いことづくしなのです。

ですが、文字通り「周りがついていけない」という事態が起こりました。

あまりにも早朝すぎて、電車もバスもありません。それでは乗客が空港に行けません。

自分で車を運転して空港に行けばいいのかもしれませんが、車で行ける方ばかりではありません。なにしろ「早朝便」ですから、朝早いのがとりえです。とんでもなく早い時刻の出発なのです。そんな時間に起きられるわけがない、そんな時間に空港に行きつけないというような時間に飛びます。

始発電車も間に合わないような時間帯の出発便で、しかも飛行機のチェックインは出発30分前に締め切るルールです。ですから当日の朝、電車・バス組は早く起きて空港に向かおうという発想自体を変えて、前夜から空港に泊まりこむしかありません。

しかしここでも問題が・・・そんな早朝では、ホテルに泊まっても、ホテルが対応しきれないからです。

あまりにも朝早すぎて、フロントでチェックアウトしてくれる人がいません。いくらホテルの人でも、そんな時間はたぶん寝てます。「客がチェックアウトしたいから起きて」は、あんまりかもしれません。

そういうわけで最近は、空港ロビーで一晩過ごして、翌朝の早朝便に乗る、という人が増えました。空港によっては24時間営業、一晩過ごせる空港が出てきたからです。

でももし、早朝便に乗るために空港に泊まっている大勢の人たちが、全員、ホテルに泊まってくれたら・・・ホテル側としては嬉しいもの。

そういうわけで、成田空港周辺のホテルが、早朝便利用者に対するサービスの強化を推進しています。

早朝チェックアウトの特別割引など、新しいサービスが提案されるようになりました。早朝にチェックアウトすると、宿泊料金が1~3割、安くなるプラン。ホテル日航成田は、テイクアウトできる朝食の提供を始めました。ホテルで焦って朝食をすませるより、空港や機内でのんびり食べられます。

ホテルだけではない、バス会社もLCCの利用者をターゲットに、朝早く空港へ行くための格安高速バスの増便を始めました。成田エクセルホテル東急は、提携しているバス会社と共同で「早朝便利用者向け・高速バス片道運賃分のキャッシュバック!」を打ち出しました。

今では早朝便の選択肢は、非常に多くなりました。

空港に泊まれます。ホテルに泊まれます。しかも格安。バスも出ています。電車も今後、増えていくでしょう。周辺の交通事情がどんどん進化し、LCCの早朝便は、ますます便利になりつつあります。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る