飛行機内での乾燥対策とストレス解消法

待ちに待った海外旅行、楽しみですよね。

でも、長時間フライトの身動きがほとんど取れない窮屈さを考えると、少し憂鬱な気分になります。

そして、機内の乾燥でお肌がダメージを受けてしまうこと、これは一大事。美容対策をしっかりしなかったために、目的地に着いたら肌や唇がガサガサ、顔もむくんでしまうことがあるのです。

もしかしたら、このうち一つは経験済みということはありませんか?

機内で手軽にできる美容対策で、ストレス解消と気分転換を図ってはいかがでしょう。

1.水をこまめに飲みましょう

機内食でサービスされるワインやビール、コーヒー、お茶などのドリンクも楽しみの一つですが、アルコールやカフェインを含む飲み物は体内の水分を奪い、体を動かす機会が少ない機内ではむくみの原因になってしまいます。

飲み過ぎには注意して、お水をこまめに飲みましょう。また、お酒を飲まない人も乾燥には十分気をつけ、こまめにお水を飲みましょう。

2.フェイスミストを使いましょう

肌の乾燥を防ぎ、ローズやシトラスのアロマの香りで気分転換になります。ほんのり香るいい匂いが気持ちいいですしね。

持ち込む時に気をつけることは、ミストの量です。国際線の機内へ持ち込める液体の量は100mlに制限されており、ジップロックなどジッパーが付いた透明な袋に入れなければなりません。

ただし、出発する空港の免税店で購入したものであれば、100mlの制限には触れません。

3.メイク落としの小ワザ

メイク落とし、化粧水、乳液は保湿ケアの中でもとても大切です。旅先で使う分は手荷物に預けておいて、機内で使用する分はコスメショップなどでもらえる使い切りサンプルを使うと、かさばる心配がないですね。

4.長時間フライトでは顔パックを使いましょう

アジア各地やグアムなど短い時間のフライトは、フェイスミストで十分保湿ができますが、ハワイやアメリカ、欧州など長い時間のフライトは顔パックをするのも効果的ですね。

いつもお気に入りの顔パックよりワンランク上のものを購入して、狭い機内でも贅沢気分を味わいましょう。

奮発することも旅行の楽しみですから。

5.香水の香りでリフレッシュ

素敵な香りは心が安らぎますよね。

練り香水やロールオンタイプなど色々種類がありますが、お気に入りの香水をワンプッシュ。いつも使い以外に、気になる香水を使うと新しい香りの漂いが楽しいですね。

いい香りをまとう人は同性の目から見ても素敵です。

そのほか、トイレ休憩や機内散歩のため長時間フライトの座席は通路側にする、トイレは我慢しない、足ツボ対策でゴルフボールなど用意することも心掛けましょう。

皆さんのポーチの中には必ず入っているリップクリームやハンドクリームをこまめに使い、乾燥対策にも気をつけましょう。

フライトの美容対策は、旅行の前から始まっているのです。

長いフライトが楽しくなるよう、対策をしっかり行いましょう。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る