みんなはどうしてる?飛行機内での過ごし方

国内旅行なら2時間~3時間くらいですが、海外旅行ともなると10時間を超えるフライトも珍しくありません。こんなに長い時間座席でじっとしているのもなかなか大変です。

皆さんはどのように過ごしているのでしょうか。目的地に着くまで、旅行気分を盛り上げられるとっておきの過ごし方を聞いてみました。

◆ 元気の秘訣は睡眠!

・「風邪をひかないようにマスクをして、きっちり睡眠を取ることです」(30歳/金属・鉄鋼・化学/秘書・アシスタント職)
・「時差ボケ防止は、やはり寝るに限る」(26歳/電力・ガス・石油/営業職)
・「ノイズキャンセリングイヤホンで自分の好きな音楽を聴きながら、持ち込んだネックピローで首を安定させて寝る。これで13時間過ごせます」(26歳/ソフトウェア/技術職)

飛行機内での睡眠は、乾燥対策と寝る姿勢が重要です。気が付いたら首が痛い・・・なんてことにならないように、ネックピローなどの便利グッズもおすすめです。

◆ 旅行プランの最終確認

・「行き先の旅雑誌を読み込む、行く先をメモする、お土産リストを書く」(32歳/医療・福祉/専門職)
・「ガイドブックで観光先の最終チェック」(27歳/運輸・倉庫/事務系専門職)

ここで確認しておけば、目的地に着いてから時間を無駄にすることもありません。旅行の気分も盛り上がります。

◆ 最新映画を見ながらくつろぐ

・「映画を見ながら足つぼマッサージ」(29歳/生保・損保/事務系専門職)
・「映画を見るに限る。最新の映画を配信しているので楽しめる」(26歳/アパレル・繊維/事務系専門職)
・「ジャージで乗り込み、ひたすら新作映画を観る」(33歳/医療・福祉/専門職)

日本では未公開の映画が見られるのも機内サービスのいいところ。目的地に着くまでに耳を英語に慣らしておくウォーミングアップにもちょうど良いですね。

上記のほかにも、乗り物酔いの心配がない人は数独やクロスワードなどのパズル本を解いたり、歯みがき→洗顔→機内を一周→座ってストレッチなど、運動不足を解消しながら楽しむなんて方もいらっしゃいました。

長いフライトの先には楽しい旅行が待っています。自分にあった快適な過ごし方をみつけましょう。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る