干ばつ地域の空港の様々な節水対策

日本でも夏場になると雨が少なく水不足になる地域がありますが、アメリカのカリフォルニア州も記録的な干ばつ被害が深刻化するほど水不足に悩まされている地域です。

そんな中、アメリカメディア「TakePart」のジャーナリストPadma Nagappan氏の記事によると、空港で使用される大量の水を無駄にせず、再利用する取り組みが始まっているとのことです。

深刻な干ばつが続くアメリカ・カリフォルニア州の空港では、年間およそ数億ガロンもの水が使用されているといいます。
(1億ガロン=約3億7千万リットル)

例えば、ロサンゼルス国際空港では、年間およそ5千万ガロン(約2億リットル)以上の水が使用されており、サンフランシスコ国際空港に至ってはおよそ倍の量と報告されています。

ところが、アメリカで3番目の大きさを誇るカリフォルニア州のサンディエゴ国際空港では、年間約7,700万ガロン(約3億リットル)に抑えることができているというから驚きです。

実はサンディエゴ国際空港では、日々浪費する水をどうにか捻出すべく、エアコンの室外機から出る水を収集するなどして、節水対策に励んでいるようです。

この国際空港で施設環境部門の統括マネージャーを担当するBrendan Reed氏によると、「エアコンの冷却水だけでなく、空気中の湿気からも水を採取して、我々は何度も繰り返し使用しているんですよ」とのこと。

このまま順調に節水対策が進めば、単純に計量しても2015年だけでおよそ57,000ガロン(約21万リットル)の水を節約することが可能ということになります。

エアコン冷却水や空気中の湿気から採取され溜められた水の利用法のひとつが、飛行機の冷房システムです。

搭乗ゲートから機内へ続く「ジェットウェイ」の真下をホースが通り、燃料の代わりに機内の冷房設備をコントロールするシステムが実際に採用されているそうです。

従来は、空港内に設置されたエアコンの室外機から地面に落ちる水滴により滑走路の地面を浸食し傷つける危険性があるとされていました。

この対策として、「この冷却水も集めてしまおう」というシンプルなアイデアを空港スタッフが提案し、採用されることになったそうです。

サンディエゴ国際空港第1ターミナルのゲート数は8つ、貯水タンクから続く循環ホース8本が各ゲートへと敷かれています。

集められた室外機から落ちる水は、歩道の清掃や空港内の乗り物を洗浄する際に利用されているそうです。

サンディエゴ空港が採用したのは、意外にも誰もが見過ごすような単純なアイデアだったのです。

サンディエゴ国際空港では、水処理を含む更なる500万ガロン(約1,900万リットル)の水の使用を削減する節約システムの開発に乗り出しています。

Brendan Reed氏いわく、「私たちは660エーカーの広大な空港から排水溝を通じて、およそ1億ガロン(約3億8千万リットル)の雨水を1年で貯める計画です。これが実現できれば、蛇口をひねるだけで、潤沢な再利用水が使えるようになるはず」と、次なる展望も視野に入れているようです。

2014年秋から、カリフォルニア州の各空港では空港内で使用するあらゆる水の再利用化に努めています。

こうして集めた水の17%で、空港から近隣地域へと飲料水を供給するシステムも現在構築中とのことです。

カリフォルニア州は、2015年で4年連続の干ばつが続いています。

すでに州の河川や貯水池は枯渇し、地下貯水池までもが急速に消え失せようとしている現状です。

空港をはじめとする街の大規模施設で大量の飲料水を消費しているのは事実ですし、また致し方ない面もありますが、こうした施設で繰り返し水を使うシステムが構築できれば多くの飲料水を住民にまわすことができるようになります。

地域に還元するというのも企業努力のひとつとして評価されるでしょう。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る