成田空港近くに訪日客を意識した「MEGAドンキ」が出店

2015年6月26日、成田市ウイング土屋地区に大型ディスカウントストア「MEGAドン・キホーテ成田店」がオープンしました。

成田市ウイング土屋地区は、成田空港から車で約20分と近隣に位置している複合施設で、ドン・キホーテ以外の商業施設も訪日外国人客の対応を積極化させています。

ドン・キホーテの本社サイドとしては、他店による競合を予想する一方、相乗効果により地区全体の集客力向上を期待しているようです。

MEGAドン・キホーテ成田店は同社として千葉県内初の“インバウンド(訪日客需要)強化店”とされており、日用雑貨や化粧品、家電製品、衣料、菓子、酒など幅広い商品を扱う店内の中央に外国人に人気の日本製品や土産を集めるというレイアウトを行うとともに、免税品専用レジカウンターも設置されています。

併せて、中国語や英語が話せる常駐スタッフ、外国語表示なども充実させているとのこと。

同社によれば、インバウンド強化店は東京や大阪などを中心に現在約20店を展開。

成田店には訪日客向け観光バスの専用駐車スペースをつくるなど、中心部ではできないような設備も導入されています。

また、空港への購入品配送サービスもあり、空港隣接型を意識した店となっています。

複合施設が位置する成田市ウイング土屋地区には、イオンモール成田や衣料チェーンのユニクロ、ジーユー、家電店など大型商業施設が集まっています。

イオンモールでは2014年10月より開始された訪日客向けの消費税免税制度に合わせ、同店舗の対応を強化しており、競合も予想されています。

ドン・キホーテの担当者は「個店だけで外国人客を呼ぶのは難しい。周辺は店舗やホテルが多く、外国人客にとって利便性が高い」との見解であり、複合商業施設への出店は地区全体で集客効果向上のメリットもあるようです。

ドン・キホーテでは、既に空港周辺のホテル約10ヵ所でチェックイン時に割引クーポンを配布してもらったり、団体客に店を紹介してもらう連携を始めていて、「今後、口コミでも徐々に認知度が上がっていくのでは」との展望を持っています。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る