事故防止のために、路面の清掃・除雪をする車

飛行機を安全に飛ばすために働く車があります。それが路面を清掃する清掃車と雪をかく除雪車です。

滑走路を清掃する路面清掃車は滑走路に落ちている小石やゴミを専用のスイーパーで綺麗にしていきます。小石やゴミが機体の空気吸入口から入るとエンジンが傷ついてしまうことがあるためです。そのため、路面清掃車は安全に飛行機を飛ばすためには必要になります。

また、雪をかく除雪車は様々な種類があります。まず、ブラシやブレイドなどで雪を飛ばしたりして除雪するタイプを紹介していきましょう。ロータリー除雪車(巻き込んだ雪を飛ばして除雪)、スイーパー除雪車(太いたくさんの針金を回転させ高速除雪)、スノーブラシ除雪車(前面のブレイドで除雪)があります。

次に液体などを散布し、除雪するタイプを紹介していきましょう。液剤散布車(凍結防止剤を散布)、機体除雪用車両(機体に不凍液をかけ雪や氷を溶かす)などがあります。

そして、除雪した後には路面摩擦係数測定車と言う車が活躍します。

路面摩擦係数測定車は除雪後の滑走路などの摩擦係数を測定。測定して摩擦係数が低いと滑りやすいため、引き続き除雪車で除雪をして摩擦係数が高くなるまで繰り返しおこないます。

このように事故を防止するためには様々な車が働いています。安全な旅が出来るのはこの車たちの働きのおかげ、感謝しなくてはいけません。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る