旅客機で、遅れずに旅行したい時は・・・

旅客機での移動には「遅れ」がつきものです。

急な天候不良や修理や整備、旅客機の発着が遅れる原因はさまざまです。なにしろ安全を優先して欲しいですから、多少はしかたがありません。そうはいっても、旅客機の遅れは、避けられるものなら、避けたいもの。

一つの方法として、「旅客機に搭乗する時間帯を工夫する」という手段があります。

アメリカの運輸省が「旅客機の出発時間と遅れについて」研究したことがあるのです。

旅客機を利用は「午前6時から7時までがベスト」だそうです。どういうわけか、この時間帯に出発するフライトは、平均すると「遅延時間9分以内」におさまっているからです。

次に遅れが少ないのは、かなり早起きしなければなりませんが「午前6時以前」。

「午前7時から午前8時まで」が、次にいいのだそうです。

午前8時を過ぎてくると、時間が経つにつれて、遅延時間は徐々に悪化し、最大の平均が20.7分になる時間帯もあるそうです。

つまり、旅客機の遅れがどうしても気になる人は、早起きをすればいいのです。早起きは絶対に無理という人には、「午後10時以降」をお勧めします。24時間全体の中で、二番目に遅れが少ない時間帯は、この午後10時以降だそうです。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る