アメリカ西海岸のフライトが月1,500ドルで乗り放題に

アメリカでビジネスパーソン向けに、月1,500ドルで米国西海岸エリアの航空機が乗り放題となるサービスが登場しました。

仕事などで頻繁に航空機移動をする人にとっては、うれしいサービスとなっているようです。

このサービスを提供しているのは、アメリカのスタートアップ「OneGo」という企業で、試験的に行われているとのこと。

現在は、サンフランシスコやロサンゼルスといった西海岸の14都市を結ぶ30路線以上でサービスを提供していますが、ゆくゆくは米国全土への拡大を視野に入れているようです。

「OneGo」の最大の売りは定額で乗り放題になるということで、乗れば乗るほどにおトクになります。

また、アメリカン航空やデルタ航空、ユナイテッド航空などのメジャーな航空会社のエコノミー席を利用でき、機内WiFiサービスなどの搭乗する航空会社に付随するサービスも無料で利用できるそうです。

予約はスマートフォンのアプリを使って、24時間いつでも可能という手軽さもビジネスパーソンに受けている理由のひとつでしょう。

ただし、7日前までに予約する必要があり、キャンセルは不可、また同時に予約できるのは4便までとなっているそうです。

また、忙しいビジネスパーソンなら急な出張などで直前に予定が決まったり変更したりという場合もありますし、毎月4回以上飛行機を利用するという方も多いと思います。

そんな方に対する付加サービスとして、プラス1,000ドルで直前予約可能、プラス500ドルで同時に8便予約可能などのオプションが用意されています。

ちなみに、この乗り放題サービスを利用して搭乗したフライトについても、各航空会社のマイレージが通常どおり加算されるとのことです。

以前、日本でも大手航空会社が年間数百万円で国内線が乗り放題になるというサービスを実施していましたが、今もあるのでしょうか。

「OneGo」が提供するサービスが一線を画しているのは、航空会社以外の会社が提供することで様々なエアラインを利用できることかもしれません。

今回のように使いやすい乗り放題サービスができれば、日本の国内線でも浸透するのかもしれません。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る