オランダ・スキポール空港に「忘れ物係」の犬が登場!?

世界で最も有名なビーグル犬はアメリカのスヌーピーですが、オランダのアムステルダム・スキポール空港には、今まさに人気沸騰中のビーグル犬「シャーロック」がいます。

シャーロックはスキポール空港初の「忘れ物係」を担当する犬。

麻薬捜査犬や検疫探知犬など空港で働いている犬は数多くいますが、シャーロックの仕事は旅客機に忘れ物をした乗客を追いかけて、忘れ物を届けること。

KLMオランダ航空の忘れ物は、問い合わせだけでも毎週4万件あります。シャーロックがKLMに採用されてから、忘れ物の80%が持ち主のもとに返却されるようになりました。

客室乗務員などのスタッフが、旅客機内で忘れ物(携帯電話やスマートフォンなど)を見つけたら、そのニオイをシャーロックにかがせ、背負っているリュックに入れてやります。

シャーロックはニオイを手がかりに空港の到着ロビーに走っていき、忘れ物の持ち主を探し出すというわけです。

ビーグル犬はもともとが狩猟犬なので、人に言われたものを探して見つけるのは得意。こればかりは人間にマネできません。

空港で一緒に働いているスタッフにとって、シャーロックはなくてはならないスタッフの一員。KLMオランダ航空のホームページには、シャーロックが空港で働く姿の写真が掲載されているとのことです。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る