成田国際空港に、オリンピックの準備本部が設置

2020年のオリンピック・パラリンピック東京大会開催に向け、成田国際空港にもさまざまな動きがあります。

7月1日に、同社の夏目誠社長を本部長とする「2020年オリンピック・パラリンピック東京大会準備本部」を設置すると発表されました。

大会にあたって、多くの外国人を受け入れることになります。

その準備のため、国やJOCだけでなく、東京都、千葉県など空港周辺の自治体、空港関係機関など多方面にわたる関係者と連携し、空港での関連施策を総合的に推進するのが目的です。大会準備本部は、東京オリンピック・パラリンピックに関する情報を集約し、関係機関との連絡・調整と協力、成田国際空港での施策の検討・調整などを行います。

テロ対策や防災・ライフライン・安全安心対策、選手・役員などの関係者、観客などの円滑な輸送、多言語対応や各種バリアフリー対策を検討するのも、大会準備本部です。

成田国際空港はオリンピックにあたって、通常以上に多くの外国人選手や観客を迎え入れることとなるでしょう。

その成田国際空港からの発表で、ますますオリンピック気分が高まっています。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る