焦らない、慌てない・・・遅延や欠航に備えた覚悟が必要

運賃が安いにもかかわらず、LCCの利用を避ける人が挙げる理由の一つが、欠航や遅延が多いことです。これは本当なのでしょうか?

結論から言うと、それはある程度真実です。というのは、大手航空会社はトラブルに対応できるよう、余裕を持った機材を整えているのに対し、LCCは予備の機材を用意していません。ですから、故障や急なメンテナンス調整が必要になった時に、替わりの機材で定刻通り運航すということができず、遅延したり欠航したりするのです。しかも、限られた機材の稼働率を上げている(つまり、一つの飛行機を使い倒している)ので、空港での待機時間をなるべく短くして運航していますから、ある便が遅延するとその影響は終日に及びます。

その上、大手の場合は遅延や欠航の場合に、別の便へのアレンジやホテルの提供などをしてくれますが、LCCの場合、それを期待することはできません。それに、遅延、欠航の事前連絡もないことがほとんどですから、空港に行ったら欠航になっていたとか、空港で数時間足止めされることも珍しくないようです。

こうした事情からLCCを避ける人は少なくありませんし、利用するとしてもその航空会社の定時出発率を調査しておくなど、慎重な検討が必要です。

しかし、不運にも遅れが出た場合でも、欧米の利用者は落ち着いており、静かに待合室で待っているというのが現状のようです。つい、カウンターに詰め寄りたくなりますが、運賃が安いというメリットを受け取るための代償として、受け入れているのかもしれません。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る