テレコムスクエアが外国人旅客向けレンタルサービスを拡大

いわゆる「ガラケー」に象徴されるように、日本の通信サービスというのは閉鎖的で特殊です。ここ数年やたら喧伝される「日本は世界一よいところ」のような表面的な情報に乗せられやってきた外国からの旅行客は、肝腎なところで不便な日本の実態を目の当たりにして戸惑うことになります。

しかし、2020年の東京オリンピックを控えてさらに増加するであろう海外からのお客さんを迎えるにあたり、もっと便利にする必要はあるでしょう。

国際モバイル通信機器レンタルサービスの最大手・テレコムスクエアは、そのような状況にいち早く対応するために成田空港の第1ターミナル内にある「モバイルセンター成田第一」を2倍の面積に広げ、通路沿いにカウンターを新設するなどしてリニューアルオープンするとともに、羽田空港の国際線ターミナルにも「モバイルセンター羽田空港」をオープンしました。

これらのモバイルセンターは主に海外からの訪問客を対象としていて、日本国内で使える携帯電話や、複数台のデバイスで利用できるモバイルWi-Fiルーターのレンタル。ライトユーザー向けにプリペイドSIMカードの販売などを行っています。

モバイルセンター成田第一は成田空港第1ターミナルの地下コンコース。モバイルセンター羽田空港は、羽田空港国際線ターミナルの3階と、入国手続き後の移動時に鉄道各線を利用する旅客に便利なように、各空港の駅改札付近に開設。カウンターのスタッフは英語の他、韓国語、中国語にも対応しています。

営業時間は、成田空港店は7:30から21:00、羽田空港店は6:00から23:00と、早朝や夜間の到着客にも利用できるようになっています。

また、テレコムスクエアは日本人旅行客に対しても海外用携帯電話や国際Wi-Fiルーターのレンタルも行っており、Wi-Fiルーターのレンタル予約はテレコムスクエアのwebサイトを通じて行うこともできます。

なお、借りたデバイスは24時間対応の返却ボックスに返せばいいので営業時間を過ぎての空港利用でも問題はありません。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る