首都圏にもう一つ空港が欲しい!?

日本の首都圏には、羽田空港と成田空港と、優れた国際空港が2つあります。どちらの空港も、より多くの人や物を運びたいと考えていますから、できれば今以上に規模を拡張したいのです。しかし、実際にはそうもいかないというので、「首都圏に第三の空港を作ればいい」というアイデアが出されました。いまある空港を広げることが難しいなら、もっと他の場所に、新しい空港を作ればいいという考え方です。

でも実際には、日本国内の陸地には、すでにいくつも空港があります。これ以上増やすのは、現実的には無理でしょう。まして首都圏には、空港を作れるほど広い場所はありません。もしできたとしても、ビルや住宅の多い都心に空港を作ったのでは、騒音問題などでたいへんなことになります。空港の方でも、周囲の住宅地に配慮しながら運航となります。あまり増便できないでしょうし、24時間運航なんて、とんでもない。空港も、空港の周辺にとっても、どちらにとっても「いまいち」ということになってしまうのです。

世界各国の空港と同様、24時間運航のできる空港を作りたいとなると、「日本の場合、海上がいいでしょう」という考え方があります。千葉県の九十九里沖、富津沖、神奈川県の湘南沖などが注目されていますが、どれも空港に行くまでに時間がかかり、コスト的にも問題です。

米軍の基地を民間空港として使わせてもらうことを考え出した人もいます。

北関東に非常に広大な遊水地があるので、そこに空港を建設したらどうか、というアイデアもあります。なんとか首都圏の空港を増やしたいと、いろいろなアイデアが出されていますが、その中のどれが実現することになるのか、もう少しかかりそうです。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る