カンタス航空がオーストラリア路線をより魅力的に再編

羽田空港の国際線発着が増加し注目が集まる中で、カンタス航空が運航するオーストラリア路線がさらに充実。これまで、同社は成田-シドニー線を毎日就航していましたが、2015年8月1日からシドニー線を羽田空港発着に移行して就航。

また、成田発着便は、成田-ブリスベン線を運航することで暗黙の了解となっている“成田縛り”をクリア。羽田・成田発着の両路線ともに毎日の運航となっていて、羽田空港発着のオーストラリア路線の就航はこれが初めてとなっています。

同社は2011年には成田-パース線を運休、成田-シドニー線のみの運航を維持していましたが、2013年と2014年には連続赤字を計上、飛行ルートの見直しや人員削減、組織統合等によるスリム化を図っているところにあります。

そんな中、円安やオーストラリアからのインバウンド需要(日本国外から入ってくる旅行者数)の増加などマーケットに好材料が出てきたため、今回の路線増加に踏み切ったとのことです。

今回の就航記念に際し、レセプションが2015年2月16日に開催され、多数の旅行関係者が出席しました。そのレセプションにおいてカンタス航空日本支社長荻野氏は、羽田・成田の両路線とも夜の出発時間帯が確保できたため日本全国から乗り継ぎがしやすく利便性の高いと強調していました。

また、「2014年は経済連携協定(EPA)や環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)などを通じ、日豪の貿易経済面での結びつきがより強固になった。路線拡大を機に、MICEやインセンティブなど法人需要を含めたアウトバウンドの活性化に寄与し、オーストラリアの総需要を拡大したい」とも述べています。

これを受け、来賓として招かれたJTB取締役旅行事業本部長の細野顕宏氏は、「今回の路線拡大により、日本・オーストラリア間の座席供給量は15%以上増えると聞いている。このチャンスを生かし、我々がアウトバウンドをしっかり販売することで日豪のツーウェイツーリズムを強化したい」と、航空会社と連携した魅力ある商品づくりによる新規路線の需要拡大の後押しに注力すると語っています。

羽田-シドニー線の使用機材はB747で、ビジネスクラス58席、プレミアムエコノミークラス36席、エコノミークラス270席となっています。国内航空会社はB747を全て退役させているため、ジャンボ機がお好きな方はいい機会になりますね。

また、成田-ブリスベン線の使用機材はA330、ビジネスクラス28席、エコノミークラス269席。

特筆すべきはビジネスクラス「ビジネススイート」で、世界初、離陸から着陸までシートリクライニングが可能、フルフラットとなる座席を導入。

オーストラリア線はジェットスターが就航し、リーズナブルな旅行が可能となっていますが、カンタス航空で機材も楽しみながら旅に出るのもいいかもしれませんね。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る