もし「飛行機に乗り遅れる夢」を見てしまったら・・・

古来、空を飛ぶ夢を見る人は多いものです。古くは中国の古典『荘子』に、夢で蝶になって飛び回るという話が見えます。

それだけ人間は鳥のように自由に大空を羽ばたきたいという願望をもってきたのでしょう。と同時に、夢占いでも空を飛ぶ夢に対しては様々な解釈がなされてきました。

曰く、空を飛ぶ夢を見るのは現実の生活で束縛や不自由さを感じているゆえである。曰く、自由に高く飛ぶ夢は、先行きの見通しがよく、うまく跳べない夢は失敗を暗示している等。

さて、現代の人間は夢に飛行機を見ることもあるようで、これもまた空を飛ぶ夢の変形と言っていいかもしれません。飛びたいという願望はあるものの、生身では飛べるはずがないという常識が潜在意識に働いて、それが飛行機という形をとっているとも考えられます。

夢に飛行機が出てくる場合も、生身で飛ぶ夢と同様に様々な解釈があります。例えば、飛行機が離陸していく、或いは雲の上を高速で飛んで行く夢は、仕事やこれからの人生に自信を持って突き進み、成功することの暗示。

飛行機に乗っているのに空港から飛び立たなかったり、墜落したときは、新しいことを始めることへの不安といった具合です。

旅客機に乗り遅れてしまったという夢は、仕事にしろ恋愛にしろ目の前にある大きなチャンスを逃してしまうことを暗示しているとか。あるいは逆に、自分自身に自信が無いために、目の前にあるチャンスに尻込みしているというようなことを暗示しているようです。

飛行機に乗り遅れる夢を見てしまったらどうすべきか?それは、現実に飛行機に乗り遅れないためには、荷物をきちんと準備して、空港までのルートや時間を確認しておき、余裕を持って家を出なければいけないのと同じく、目の前にあることに対してしっかり準備ができているか、まず見直すことから始めればいいのです。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る