他社に旅費を払ってまでもパイロットを確保したいピーチ・アビエーション

新幹線通勤でもなかなかインパクトがありますが、「飛行機通勤」となると想像を超えた世界です。

でも航空業界ではそれほど珍しいことではなく、パイロット以外にCAも飛行機通勤する場合もあるとのことです。

さらには、海外の航空会社で働いている人が、国外へ飛行機通勤している例もあるそうで、そこまでいくと「通勤」という概念で捉えていいのかどうかすらわかりません。

格安航空会社=LCCは、薄利多売をしなければ商売が成り立ちません。そのためには便数を増やさねばならず、便数を増やすためには多数のパイロットを確保しなければなりません。

しかし、パイロットは一般的に高給取りなので、LCCは大手ほど高額の報酬を出せず、有能なパイロットを揃えるのは難しいようです。

拠点空港が関西国際空港のLCC、ピーチ・アビエーションは、このたび、パイロットが他社の便を利用した飛行機通勤をすることを認め、首都圏在住のパイロットにも働きやすい環境を整えることとなりました。

いわばライバル会社を利することにもなるこの制度の導入は、いかにLCCがパイロット確保に必死かを如実に語っているとも言えるでしょう。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る