女性スタッフだけのひなまつりフライト

航空会社でも利用増進やファンづくりのため、コストをかけずに様々なイベントを企画しています。その中でも多くのメディアで取り上げられるのが「ひなまつりフライト」です。

ANAグループでは、年2015年3月3日のひなまつりの日に「ひなまつりフライト」を実施しました。この「ひなまつりフライト」には、年一回女性スタッフたちが総動員されています。

ANAグループなどに所属する女性の副操縦士、整備し、グランドハンドリングスタッフ、客室乗務員、空港のグランドスタッフなどが実施するフライトで、
スタッフたちは桃の節句にちなんだピンク色の制服やベストなどを着用し、CAもピンクのスカーフを身に付け、雰囲気を盛り上げました。

ちなみに、残念ながら機長だけは男性だったとのことです。

今年対象となったフライトは、ひなまつりの3月3日にちなんで、ANA333便(セントレア12:50発-熊本14:25着)とANA33便(羽田16:00発-伊丹17:10着)の2便。

出発時の搭乗ゲートでは、メッセージを添えたひなあられをプレゼントしました。

このひなあられには、女性スタッフたちがひとつひとつ手書きしたメッセージが添えられ、配布するスタッフも整備士やグランドハンドリングスタッフ等の女性が担当しました。

CAや空港のグランドスタッフ以外の社員と会う機会はあまりないため、新鮮との声も聞こえました。

ボーイング777-200で運航するANA33便は女性スタッフ総勢18名が担当、233人の乗客を乗せて離陸しました。

出発時のプッシュバックに使用するトーイングカーには、この日だけ特別に桃の花がデザインされ、飛行機の側には水で「ANA 2015 ひなまつりフライト」と描かれていました。

ひなまつりの他にも、七夕やクリスマスなど、航空会社ではささやかながらもイベントを行っていることが意外に多いものです。旅行や移動などの予定がある方は、そういった日を選んでみると特別な体験ができるかもしれません。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る