『ひとしなや』という名の「究極の一品」を目指す和食のお店が、羽田空港にオープン

7月18日、羽田空港第1ターミナル2階北ウィングに、日本料理店「Hitoshinaya(ひとしなや)」がオープンしました。「Hitoshinaya」の店名は、随一の「一品」を意味する屋号。「メニューを一品に絞り込み、究極の一品を目指す」がコンセプトの和食のお店です。

「あさごはん」、「ひとはち」、「すりながし」

日本語の美しさいっぱいのお店の名前が、3つ並びます。

「Hitoshinaya」は、これらテーマの異なった3店舗が並ぶ町屋スタイルのお店です。監修は日本料理界の現代の名工、長島博。このお店が最もこだわっているのは、和食の基本といわれる「だし」です。鮪枯節厚削り、鰹本枯厚削り、道南産昆布など伝統の素材7種と合わせて、ここでしか味わえないオリジナルのだしを追求しています。

そのだしが引き立てるのは、四季折々の素材。だしの旨味と相まって、究極の一品となっています。

「あさごはん」は、だしの香りを楽しみながらいただく朝ごはんのお店です。

空港という場所柄にふさわしく、朝5時半から20時まで、一日中朝ごはんが食べられます。厳選された一番だしの汁ものと、旬の素材が色どり豊かに並ぶ一汁五菜。朝粥、鮭膳、魚膳、肉膳から選ぶことができます。

「ひとはち」は、餡かけが主なメニュー。

米茄子出汁餡かけ鉢、三元豚麹炙り焼き出汁餡かけ鉢、穴子山葵粉揚げ出汁餡かけ鉢など、身体に優しい素材を餡かけでゆっくりといただく和丼のお店です。

「すりながし」は、日本の伝統料理ですが、いってみれば和風のポタージュ。

「アスパラのすりながし」、「茄子のすりながし」など、食材の鮮やかな色彩が器に映える、目にも楽しいでメニューでいっぱいのお店です。

店内は全てカウンター席、3つの店舗はガラスで仕切られています。

厨房で調理している様子を拝見できますし、スタッフの方からメニューについてのお話を伺えることもあります。

和食はすっかり欧米に普及し、日本だけのものではなくなってきました。ユネスコ無形文化遺産に登録されたこともあって、一時の和食ブームをこえ、世界に定着した食文化といってよいかもしれません。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る