プライベート・ジェットは、セレブからビジネスへ

プライベート・ジェットといえば、「超大金持ちや、セレブだけの飛行機」というイメージです。海外の有名俳優やアーティストが、さっそうと空港に降り立ち、報道陣に囲まれる。そういった姿を思い起こす方が多いのではないでしょうか。

ところが、これまではセレブだけのものと思われていたプライベート・ジェットの市場が、近年、ビジネスまで拡大してきました。プライベート・ジェットをレンタルしたり、チャーターしたり。そういったサービスは以前からあったのですが、インターネットが普及したことで、新たなサービスが生まれるようになったのです。

アメリカやヨーロッパでは、飛行機は気軽な「路線バス」の感覚です。日本のように「今日は飛行機に乗るぞ」とかまえることがありません。そのかわり、ファースト・クラスでも普通に席は狭いし、そんなにゴージャスなサービスがあるわけでもない。

実際、セレブは一般の飛行機の便を好みません。

大切な仕事の用件なので、誰が同席するか判らない「路線バス」は、ちょっとね。という理由もあるようです。その代わりに、1時間単位で依頼できる「プライベート・ジェット」を利用します。プライベート・ジェットといっても、日本と違って利用者の全体数が多いので、料金が格安です。しかも時間単位で依頼するのですから、ムダがありません。

小型機で1時間50万円くらいだそうですが、航空会社やサービスによっては、1時間7万円もあります。

「エンプティ・レグ」と呼ばれるサービスで、日程や場所が限定されるかわり、利用料金を格安にするものです。たまたま自分の日程や目的地に合ったエンプティ・レグが見つかれば、格安でプライベート・ジェットが堪能できます。

また、そういったときに便利なのが、インターネットによる「ブッキング・サービス」。

アメリカでは2万機以上のプライベート・ジェットが空を飛んでいると言われますが、それらを運用しているすべての業者、つまりプライベート・ジェット・ビジネス業者と、そこで運用されている機種を、すべてデータベース化してあるのです。どこでどんな機種が待機しているか、空きの予定があるか、いつでもわかるというわけです。

出発地、目的地、もちろん日程も、希望にかなった機体を探せます。単に探すだけでなく、搭乗の依頼までできるのです。

これまでのプライベート・ジェットというと、セレブが自分専用に、いつでも待機させているというイメージでした。超大金持ちが自ら購入して所有し、お抱え運転手ならぬ、お抱えパイロットつき。いつでも思いついたとき、思いついた場所へ、世界中どこへでも気分しだい。

ところが現実には、そうでもないのです。

機体がいつでも飛び立てる状態を維持しつつ、なおかつ常に待機しているよう整備するには、高額な費用がかかるためです。プライベート・ジェットを購入できるようなお金持ちにとっても、自分が乗っていないとき、ただ空港に待機させておくというのでは、コスト的に見て、あまりにも不経済となります。

それを解決するため、自分が乗る予定がないときは、プライベート・ジェットの貸し出しをして、「それで得た収益によって、機体をメンテナンスする」ということが多いようです。また、カー・シェアリングと同じようなしくみで、一機のプライベート・ジェット機を、複数の人で所有するサービスも充実しています。

これならビッグな超セレブでなくても、一般のビジネスマンでも、格安で効率よく、プライベート・ジェットを利用できるというわけです。

プライベート・ジェットのブッキング・サービスは、時間に追われ、世界中を飛び回るビジネスマンたちにとって、従来よりもはるかに、飛行機を身近なものにしてくれたといえるでしょう。

日本でも、アメリカ並みとまでは行きませんが、以前に較べるとプライベート・ジェットの普及が進んでいます。日本ならではの「自宅から自宅まで」というサービスもあるようです。行きも帰りも、自宅から空港まで、専用車が送り迎えしてくれます。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る