LCCと地方空港は両想いの関係にある!?

近年利用者を伸ばしているLCC(格安航空会社)は、地方の空港を発着場所にしていることがよくあります。理由はもちろん安い空港使用料。コストを抑えられればその分運賃を安く設定できますから、私たち利用者にもメリットがあるといえます。

では、ほかにはどんな理由があるのでしょうか。

LCCは保有している機体の数が限られていますから、出来るだけ地上での滞在時間を少なく設定して、便数を増やしたいと考えるもの。少しでも便数が増えれば、売り上げアップにつながるからです。

地方空港は一般的に便数が少ないですから、LCCにとって比較的自由に運航スケジュールを組むことができ、都合がいいようです。地方空港にとっても、空港使用料を低めに設定してでもLCCに来てもらった方が、経済的なメリットがあります。

LCC利用者が空港内の各種ショップで買い物をしてくれますし、周辺の観光地まで足を伸ばしてくれるとなれば、地域起こしにつながります。地方空港は、経営的に安定しているとは言い難い場合が少なくありませんから、利用者増を見込めるLCCの就航は大歓迎。

利用者としても、格安で飛行機を利用できるのなら少々空港が遠くても問題ない、という人は多いでしょう。それに飛行機の発着時間に合わせて都市との連絡バスを走らせるなど、利便性にも工夫していますから、LCCと地方空港の関係は、利用者にとっても歓迎できるものだといえそうです。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る