日本でも、アメリカでも、日本の飛行機のサービスは世界中で・・・

日本に来る外国人の大半は、飛行機を利用しています。

豪華客船でゆったりと贅沢な旅を楽しむのも快適なものですが、ビジネスや観光でスピーディな移動を優先したい人たちにとっては、やはり交通機関として、飛行機を選択することになるようです。

中にはビジネスなどを目的に、毎月、毎週と、ひんぱんに日本とアメリカを往復している外国人も珍しくありません。そういった方たちは、アメリカと日本を結ぶ数々の路線、就航する航空会社について、たいへん詳しい方たちばかりです。

また、アメリカといえば、エアバス社と並んで知られるボーイング社の国です。

そこで、飛行機の本場であるアメリカのビジネスマン、しかも日本とアメリカの往復を多く経験している方たちに、アンケートをお願いしました。

アンケートにご回答いただいた全員から、嬉しい回答を頂きました。

「日本の航空会社は良い意味で、アメリカの航空会社と全く違う」

なぜ違うと思ったのか、理由はさまざまでした。

最も多かったのは「きれいだから」

他にも、「CAのサービスがきめ細かく丁寧」「機内食が工夫されていておいしい」とのこと。

また、アメリカ路線に就航している日本のエアラインはANAとJALの2社ですが、これについては意見が分かれました。

航空会社については、皆さんそれぞれにお気に入りがあるようです。

「ANAしか乗らないけど、なかなかいいと思う」
「JALが好きで、ここ2年は日本の航空会社しか利用していない」
「どちらでもいいけど、日本の航空会社がいい」

回答者の中に何人か、いつも日本の航空会社しか使わない、と答えてくださった方がいました。この理由についても「機内がきれいで清潔だから」が多かったようです。

その一方、「サービスは日本の航空会社が一番いいのだが、値段が高すぎる」という意見があり、日本の航空会社で日本とアメリカを往復することは、『少しぜいたくなこと』というイメージをお持ちのようです。

でも、「値段は高いのだが、やはり日本の航空会社のほうがきれいで安心」という内容の回答も頂いています。飛行機の本場、アメリカのビジネスマンの皆さんから好評を頂いた日本の航空会社。アメリカで旅行されるときは、あえて日本の航空会社を利用されてはいかがでしょうか。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る