旅客機は、旋回しない方がいい?

航空機事故でよくあるのが、何かの理由で急旋回を余儀なくされ、失速し、墜落したというケースです。

1998年12月、タイ南部のスラタニ空港付近で、タイ航空機が事故を起こしたのは、悪天候で着陸がうまく行かず、バンコクに引き返そうと旋回した際に機首が上がり、失速したことが原因とされています。

つまり、この事故は「旋回が原因」とされたのですが、旋回は旅客機にとって危険なのでしょうか。

それまで直進していた旅客機の向きを左右に変えるときは、垂直尾翼についている「方向舵」を使います。進行方向に向かって、方向舵を右に振れば右、方向舵を左に振れば左に、機首が向きを変えるというわけです。

ですが、方向舵を振っただけでは、機首の向きが変わるだけ、機体全体が大きいですから、そのすべてが方向転換するまでには、相当な時間がかかります。

そこで登場するのが「補助翼」のサポートです。補助翼は主翼の後縁側についている動翼で、上げたり下げたりできます。たとえば、右主翼の補助翼を下げると、自動で左主翼の補助翼は上がり、補助翼を下げた右主翼の揚力は増加して、翼が上に持ち上がります。一方、補助翼を上げた左主翼の揚力は減少し、翼が下がります。

そして、機体は翼を下げた左側に横滑りするように移動していくのです。

旅客機は、この方向舵による機首の方向転換と、補助翼による横滑りのしくみを利用して、効率よく、左右に旋回します。

このとき、機体を傾ける角度(バンク角)を大きくするほど、急な旋回が可能です。ただ、バンク角が大きくなると、今度は機体にかかる荷重が大きくなります。水平飛行に対し、30度バンクの旋回では15%増、60度バンクの旋回では2倍の荷重がかかります。当然、失速する速度も速まるのです。

機体が耐えられる荷重の大きさは、旅客機の種類によって違います。戦闘機やアクロバット飛行を行なう小型機では、この荷重を大きくしてありますが、旅客機は小さい設定となっています。これは、『旅客機の場合、急旋回するようなことはめったにない』とされているためです。

それでも、旅客機が可能な最大バンク角は66度。機体の構造上は、急旋回も「やってやれないことはない」のです。

でも、旅客機が左右に60度も傾いたら、中にいる乗客がたいへんです。乗客だけでなく、旅客機の中にはさまざまな品物が置いてありますから、それが全部転がってしまったりと、大騒ぎになってしまうでしょう。

そこで、乗客の安全性を考慮し、旅客機の運航はバンク角35度以内と決められています。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る