ブラックボックスは黒くない!?その機能とは

一般的に、ブラックボックスというと中身がまったく不明な装置のことを指しますが、飛行機のブラックボックスはというと、コックピット・ボイスレコーダー(CVR)およびフライト・データ・レコーダー(FDR)を指すことが多いようです。

航空事故や運航障害などのトラブルが発生した際、原因究明のために使用する記録装置で、その本体は発見しやすいように明るいオレンジ色に塗られており、強い衝撃や高温、水圧などにも耐えられる構造になっています。

ボイスレコーダーは、操縦席内の会話を録音しています。録音時間は30分となっており、それ以前の記録は上書きされて消えてしまうため、常に最新30分の会話が録音される仕組みになっています。

以前はボイスレコーダーも磁気テープ式でしたが、現在使われている多くのものには半導体メモリーが使用されており、耐久性や信頼性が向上しています。

エンジンがスタートすると、録音が自動的に開始されるようになっており、エンジンを停止した時点で録音も停止します。

フライト・データ・レコーダーは、速度や高度、姿勢、方位、エンジンの運用状態などのフライト状況を記録します。記録時間は25時間となっており、ボイスレコーダー同様、現在では磁気テープから半導体メモリーに切り替わったことで、信頼性や耐久性も向上しています。

ちなみに、エンジンデータに関して、以前は巡航中の安定した状態の間に、搭載用航空日誌に手書きで記録をとっていました。現在では、エンジンデータを含むフライトの詳細なデータは、データ通信システムを通じて自動的に地上に送信されており、整備や性能管理に利用されています。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る