Apple Watchひとつあれば飛行機に乗れる時代に・・・

Apple Watchが2015年4月24日に発売され、話題となっています。

そしてその発売日当日から、JALがApple Watch向けのアプリ“JAL Countdown”の提供を開始しました。

このアプリを使用して、ユーザーが予約したフライトの運航状況を確認したり、搭乗時刻や搭乗口などの情報を手元で確認することが可能です。

また、JAL便搭乗時にタッチ操作のみで搭乗できる“タッチ&ゴー”サービスにも対応していて、画面上に二次元バーコードを表示して保安検査場、搭乗口を通過できるため、手続きもなくスムーズです。

ちなみに、このバーコードで専用ラウンジの利用手続きも可能とのことです。

このほかのおもしろい機能としては、出発時刻10分前までの残り時間をカウントダウン表示してくれるというもので、これがアプリ名の由来になっているものと思われます。

フライト前に買い物や食事をしていると、ついつい時間を忘れがちですので、乗り遅れ防止に役立ちそうです。

カウントダウンは3種類のデザインから選ぶことができ、飛行機の離陸時間になると飛行機が飛び立つアニメーションが表示されます。

“JAL Countdown”はApple WatchのApp Storeから無料ダウンロードすることができます。

利用するにはiPhone版JAL Countdownが必要で、iPhone版の対応OSはiOS 6.0以上で、Apple Watchへの対応はiOS 8.2以上となっています。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る