すぐ買えて、すぐ使える!So-netのSIMカード

MVNOサービスのSIMカードの普及が進んでいますが、なかでもより手軽に利用できる「プリペイド方式のSIMカード」に注目が集まっています。

たとえば、ソニーの子会社であり、日本、台湾、香港で運営されているプロバイダ会社So-netが、プリペイド方式のSIMカード「Prepaid LTE SIM」を販売しています。

「Prepaid LTE SIM」は、名前のとおりLTE対応のプリペイド方式のSIMカードです。

これまでのMVNOのSIMカードは月額プランが主流で、手続きも複雑でした。

パッケージを購入して、Web申し込みを行って、後日やっとSIMカードが送られてくる方法だったり、空港でSIMカードを受け取るためには、出国前に事前の申し込みをしなければならなかったり。

利用するたび、クレジットカードなしには手続きできないこともあって、とくに日本から出国する前の忙しい外国人の方には、使いやすいとはいえないシステムでした。

しかし、So-netのプリペイドSIM「Prepaid LTE SIM」は、クレジットカード不要で手軽にパッケージを購入し、使い切りで利用できます。空港の自動販売機や家電量販店の店頭でSIMカードを購入し、買ったその場でスマートフォンによる開通手続きを行い、すぐにデータ通信を開始できるのです。

クレジットカードを持っていない学生や、「日本に滞在中、ちょっとだけMVNOサービスを使いたい」という外国人旅行者にとって、非常に便利なサービスなのです。

SIMカードを購入できる空港は、関西国際空港(1F国際線の到着階に、自動販売機があります)、成田国際空港(第一・第二ターミナルの各モバイルセンター)、新千歳国際空港(モバイルセンター)などです。利用開始マニュアルが多言語なので、空港利用者のどなたにも使いやすいことでしょう。

新宿や秋葉原の家電量販店などでも販売していますから、空港まで行かなくても購入可能です。

「BOOK OFF 新宿西口店」、秋葉原「あきばお~」各店、全国の「ドスパラ」各店などで販売していますし、最新の販売拠点をSo-netのWebサイトで確認することもできます。

さらに7月15日から、関西国際空港を拠点とする格安航空会社ピーチ・アビエーションの機内でも、販売を開始しました。機内で客室乗務員から機内販売で購入して、関西国際空港の第2ターミナル出発到着ロビーー内の売店でSIMパッケージを受け取ることができます。

「Prepaid LTE SIM」が対応しているのは、「NTTドコモのXi・FOMA網」です。

対応端末は、SIMフリーのスマートフォン・タブレットのほか、ドコモのスマートフォン・タブレット。SIMカードは各プランとも、「標準SIM」「micro SIM」「nano SIM」の3種類から選べるので安心です。

データ通信専用のSIMカードですから、音声通話やSMSは利用できないのですが、通信速度が下り最大150Mbps、上り最大50Mbpsあります。

プランは2種類あり、100MBのデータ量を利用できる「プラン100M」と、500MBのデータ量を利用できる「プラン500M」です。価格はプラン100Mが2778円(税込3,000円)、プラン500Mが4,630円(税込5,000円)となります。

利用期間はプラン100Mが30日間、プラン500Mが60日間です。購入から14日以内、またはSIMカードの台紙に記載されている有効期限のうち、いずれか早い日までに開通手続きを行ってください。

両プランそれぞれ、データ量は100MBまたは500MBの使い切りとなるのですが、データ量の追加チャージが可能です。

追加チャージはユーザー専用サイトから行えますが、この時の利用にはクレジットカードが必要となります。

追加できるデータ量は3種類。
200MBの「チャージ200M」(1,500円)、500MBの「チャージ500M」(2,000円)、1GBの「チャージ1G」(2,838円)です。

なお、SIMカードの自動販売機は、関西国際空港の「Prepaid LTE SIM」の自動販売機が日本初なのだそうです。4月の設置時に話題となったのはそのためです。

So-netの担当者によれば、「おかげさまで、関西国際空港の自動販売機、成田空港、新千歳国際空港の店舗カウンターとも、好調な売れ行きです」とのこと。

「空港という場所柄もあり、アジアをはじめとする世界各国の方々に幅広くご利用いただいています。20代から30代の若年層が中心です」

「『Prepaid LTE SIM』の販売拠点を設置したいとのことで、外国人客の多い観光センターや地方の空港から、嬉しいお問い合わせをいただいています。旅行者に便利なサービスですから、今後も全国に販売拠点を増やしていき、旅先でも手軽に購入できる、便利なモバイルサービスを提案していきたいと思います」

So-netでは他にも、「PLAY SIM(プレイシム)」を提供しています。月額制のデータ通信サービスをSIMパッケージとして販売するものです。インターネットのアマゾンで購入可能で、Webから開通手続きを行えます。購入後すぐに「LTE/3G」のデータ通信サービスが利用できるのが特徴です。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る